logo
logo_banner

救急法

ホーム救急法
ガイドライン2010| |BLS手順| |ジュニア救急


ガイドライン2010

心肺蘇生法国際ガイドラインは心臓突然死、急性心筋梗塞(急性冠症候群)、脳卒中に対応した救命救急処置の国際統一ガイドラインです。 ガイドラインは2000年に発表され、以来5年ごとに改定がおこなわれ2005年、最新版は2010年となっています。 その策定にはアメリカ心臓協会(AHA)や国際蘇生連絡協議会(ILCOR)など世界各国からの救命救急の専門家が過去の報告された論文による根拠(エビデンス)に基いたもので、救急医療における指針として世界各国に受け入れられている。 日本では日本救急医療財団と日本蘇生協議会(JRC)で構成するガイドライン作成合同委員会が中心となって国際ガイドラインに基づいて日本版ガイドラインを作成しています。
ガイドライン2010のポイント
気道確保は不要(訓練を受けた救助者が人工呼吸をするときは人工呼吸の直前に行う)
呼吸確認は「見て・聞いて・感じて」が廃止された
これは簡略化よりも死戦期呼吸=心停止を見逃さないという方が大きい
胸骨圧迫最優先
ガイドライン2005までは「気道確保(A)―人工呼吸(B)―胸骨圧迫(C)」だったが胸骨圧迫が先になった
胸骨圧迫の位置は「胸の真ん中」。「両乳首の真ん中」は削除された。衣服の上からで良い
胸骨圧迫の深さが「4~5cm程度」から「5cm以上」に。
(小児や乳児の場合は胸の厚みの1/3)
胸骨圧迫のテンポが「100回/分程度」から「100回/分以上」に変更
CPRを習熟していない市民救助者は人工呼吸はやらなくても良い
訓練を受けた救助者の場合でも人工呼吸の為の胸骨圧迫中断は最小にすべきとしている
ただし、小児や乳児は窒息の場合いが多く、溺水の場合と合わせて人工呼吸を優先する
乳児にもAEDが使えることになった。

上に戻る↑


BLS手順

応急手当の基礎知識 総務省消防庁(PDF形式)

救命処置の手順(BLS) 総務省消防庁(PDF形式)

一次救命処置(BLS) 日本救急医療財団ドラフト版(PDF形式)

ガイドライン2010ハイライト(日本語版) アメリカ心臓協会(PDF形式)

上に戻る↑


ジュニア救急

ジュニア救急法とは子供が行う応急手当です。従来、大人が乳児・小児に行う応急手当はありましたが、子供が行う応急手当の講習会を行うのは日本初だと思われます。子供だから出来ないではなく、
子供でも出来る事がある!

例えば、119番通報。救急車を呼ぶ。小学校1年生にも出来ることだと思います。
対象は小学生から中学生です。それぞれ学年に合わせた段階型の内容、時間になっています。
また、小学校、中学校の保健体育のカリキュラムの事も考慮した内容になっています。

2012年より小学校、中学校を対象に無料講習会を展開しています。

目次 1.しょきゅう(初級) 幼稚園・小学校低学年向け講習
2.ちゅうきゅう(中級) 初級を受講した小学生向け講習
3.じょうきゅう(上級) 中級を受講した小学生・中学生向け講習
監修・発刊 NPO法人日本救急蘇生普及協会

上に戻る↑

logo_banner